《出口討論分科会》 11/12 11:30-13:00

6つの就職業界ごとに、博士号を取得し就職するまでの道程、博士人材としてのキャリアパスを経験者に語っていただきます。また、博士人材を受け入れる人事担当者からも博士人材への期待をお話いただきます。

分科会①:産業界(ビジネス等) 

場所:オリオンA
趣旨:博士号取得の後、現在は産業界で活躍されている3名の方に、その経験や教訓についてお話しいただきます。加えて、産業界での博士人材の活躍の展望について、日立総合技術研修所の沢真司所長、慶應義塾大学商学部の樋口美雄教授からもコメントをいただきます。

■ 三井 実 氏 (Minoru Mitsui)
富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 コミュニケーション技術研究所

■ 栁原 勝幸 氏 (Katsuyuki Yanagihara)
新日鐵住金株式会社 知的財産部総括 室長

■ 西野 嘉之 氏 (Yoshiyuki Nishino)
株式会社メディネットグローバル 代表取締役CEO、産業能率大学 客員教授

分科会②:産業界(研究職)・シンクタンク 

場所:オリオンB
趣旨:博士号取得後、企業へ就職し研究者や技術専門職として活躍されている方々をお招きして、就職前後の経験談をお話いただきます。企業の研究所やシンクタンクにおける博士人材のロールモデルやキャリアパスについて議論します。

■ 大谷 大和 氏 / Yamato Ohtani
株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社 主務

■ 近藤 崇 氏 / Takashi Kondo
富士ゼロックス株式会社 モノ作り技術本部 電子デバイス技術部 リーダー

■ 深津 真二 氏 (Shinji Fukatsu)
NTTサービスイノベーション総合研究所 企画部 研究推進担当課長

■ 劉 磊 氏 (Lei Liu)
株式会社日本総合研究所 スペシャリスト(システム工学)

Session (3) :Employment of international students (in English)

Room:Sirius
Abstract: This session will bring up and discuss a number of issues, i.e., language, culture, work ethics and life style, on employments of international graduate students in Japan. In particular, our focus of discussions will be on daunting hurdles that might have prevented the students from obtaining a job, but that they need to overcome for a potential employment of the students in Japan. Mr. Odawara will give us insights of recruitments of international students in Japan and issues involved in the recruitments, whereas Dr. Rzeznicka will provide us with her experience and perspective in these issues. One or two more speakers might participate in the session.

■ Tatsuro Odawara
The General Manager, HR Development Department, Minebea Co., Ltd.

■ Izabela I. Rzeznicka, Ph.D.
Professor, The Graduate School of Engineering and Science, Shibaura Institute of Technology

■ Nazirul Afham Idris, Ph.D.
Research Engineer, Research and Development Laboratory, Stanley Electric Co., Ltd., Tokyo

分科会④:アカデミア・国研・行政体(理工系)

場所:アポロンA
趣旨:主に理工系の博士課程学生を対象に、省庁、国立研究所や大学等研究機関への出口を探ります。博士号取得後に、これらの職場で定職を得た下記の先達4人が、就活、就職後の業務・遣り甲斐等を語ります。会場に人事担当者も参加して貰い、質疑応答を展開します。

■ 友澤 孝規 氏 (Takanori Tomozawa)
経済産業省 資源エネルギー庁 長官官房 総合政策課 戦略企画室 室長補佐

■ 遠藤 正紀 氏 (Masaki Endoh)
文部科学省 研究開発局 研究開発戦略官(核融合・原子力国際協力担当)付 戦略官補佐

■ 星野 美保子 氏 (Mihoko Hoshino)
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 鉱物資源研究グループ 主任研究員

■ 増永 英治 氏 (Eiji Masunaga)
茨城大学 広域水圏環境科学教育研究センター 助教

分科会⑤:アカデミア・国研・行政体(人文・社会系)

場所:アポロンB
趣旨:博士号取得後、多様なキャリアを経験された3名に、博士課程での学びや留学経験が大学や研究所で働く上でどのように影響したかについてお話しいただきます。大学・研究所で今求められる人文・社会科学系の博士人材について議論します。

■ 金山 智子 氏 (Tomoko Kanayama)
情報科学芸術大学院大学 教授、産業文化研究センター長

■ 涌井 智子 氏 (Tomoko Wakui)
独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所 研究員

■ 大久保 豪 氏 (Suguru Okubo)
株式会社BMS横浜 代表取締役

Session (6):International Career Path (in English)

Room:Jupiter
Abstract: The aim of this session is to discuss the pathways, motivations, and the other all required sophistications to create and realize our leading students’ career paths to be global leaders in international organizations. In the first session, we introduce 7 students to present their plans to be a global leader in the international organization. In the second session, we invite 4 professors having various experiences with the international organizations to discuss career-path creation with their advises to the 7 students and the all other students in leading programs.

■ Hannu Jaakkola
Professor, Tampere University of Technology, Finland

■ Bernhard Thalheim
Professor, Christian-Albrechts-University Kiel, Germany

■ Virach Sornlertlamvanich
Lecturer, Thammasat University, Thailand

■ Hikaru Kobayashi
Project Professor, Keio University, Japan

■ Amane Kobayashi
(Keio University, Global Environmental System Leaders Program, Graduate School of Media and Governance, D3)

■ Katsufumi Tomobe
(Keio University, Global Environmental System Leaders Program, Graduate School of Science and Technology, D2)

■ Masa Jazbec
(University of Tsukuba, Ph.D. Program in Empowerment Informatics, Graduate School of Systems and Information Engineering, 4th grade)

■ Takayuki Nakatsuka
(Waseda University, Graduate Program for Embodiment Informatics, Graduate Schools of Advanced Science and Engineering, M1 (L1))